SIMフリー端末について

 

『SIMフリー端末・格安スマホなび』SIMフリー・SIMロックの違いは?

 

SIMカードを使うためには端末がSIMフリーになっていなければ使えません。
モバイル機器は、通信機能のあるモバイル機器本体に通信に関するデータが入っているSIMカードを挿入して使っています。

 

日本国内のキャリアで販売されているモバイル機器は、SIMフリーのものはありません。ロックされているのです。SIMカードを利用したい場合はロックを解除する手続きをするか、SIMフリー端末として売られているスマホを用意する必要があります。

 

SIMフリー端末を使うことで、キャリアに縛られることなく、安いSIMカードを使って通信費を節約することが可能になります。

 

2015年5月からスマホのSIMロック解除が義務化され、各社のSIMカードは殆どのスマホで使えるようになりました。しかしまだまだSIMカードの認知度が低く、キャリアなどのSIMフリー端末の宣伝を積極的に行っていないため、SIMカードの普及はあまり進んでいません。

SIMフリー端末のメリット

SIMフリーのメリットとしては、端末を新規に購入しなくてもSIMカードだけを購入すればキャリアの乗り換えができます。また、キャリア間の競争が加速してサービス向上が期待できる。

 

海外や旅行先で、現地のレンタルSIMカードを使えば日本で使用している端末がそのまま使えます。そのため通信コストを安くあげられます。

 

欲しかった端末を中古で安く購入して、好みの回線と契約して使用することもできます。知り合い同士でスマホの交換をすればただで機種変更ができるわけです。

 

また、大手のキャリアではなく、MVNO(仮想移動体通信事業者)と契約すれば月々の通信費が格安になります。

SIMフリー端末のデメリット

SIMカードはとにかく月額料金が安いのですが、デメリットも少なくありません。
今までのスマホのようにオールマイティというわけではなく、できることが限られています。また、全ての端末に対応しているわけではなく、SIMが利用できる端末が限られています。

 

また、格安SIMカードはクレジットカード払いにしか対応していないので、クレジットカードを持っていないとSIMを購入できません。ただし、デビットカードや口座振替などでも支払ができる格安SIMカードも少しですが存在しますので、SIMの選択肢は少なくなりますが、クレジットカードを持っていない方は確認していみるといいですね。

 

SIMフリーになったことで、ユーザーを囲い込むことができず長期契約者が減少するため端末代金などが高くなる可能性が出てきます。

 

SIMロックの解除には事務手数料がかかります。また、キャリアで端末を購入すると購入日から6ヶ月間はSIMロック解除の制限期間で、受付対象外となります。

SIMを選ぶポイント

 

『SIMフリー端末・格安スマホなび』SIMフリー・SIMロックの違いは?

 

ドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアではなく、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供するSIMカードと格安端末を合わせることで、月々の通信料はかなり節約できます。自分にあったSIMカードを選んで賢くスマホを楽しみたいですね。

 

1.音声通話が必要かどうか
090・080・070から始まる電話番号を使った音声通話を必要としているかどうかということです。
格安SIMの中には、音声通話ができるものとできないものがあります。当然ですが音声通話ができるSIMは料金が高くなります。

 

ガラケーなどで音声通話ができる契約が他にあるなら、電話はそちらを利用するなどして2台持ちの形をとれば月々の料金をおさえることができます。

 

2.SIMカードが端末に合うか
SIMカードと端末をセットで購入する場合は問題はないのですが、別々に購入する場合やすでに手元にある端末を使う場合は、SIMカードがその端末に対応しているかどうかを確認する必要があります。

 

購入しょうとしているSIMカードの公式サイトで「動作確認済み端末」の情報をチェックして確認できます。

 

端末が「SIMフリー」であれば、どの回線のSIMでも対応できます。しかし「SIMロック」がかかっている端末の場合は、その端末業者のSIMでないと使用できないのです。つまりドコモの端末ならドコモ回線のSIM、auの端末ならau回線のSIMしか使えないのです。

 

そして、特にSIMフリー端末などではその端末で対応している周波数帯も確認しておきましょう。ドコモあるいはauが使用する周波数で通信ができるSIMであるかどうかを、端末のスペック表を見て確認できます。

 

3.高速通信のデータ量
ほとんどの格安SIMには、LTEの高速通信が使えるデータ量の上限が決められています。上限を超えて使用すると速度制限がかかり、低速の通信しか利用できなくなります。

 

自分がいつもどれだけのデータを使っているかを分かっている人は少ないと思いますが、50MBでメールなら10000通、動画なら25分、Web閲覧なら200ページ、IP電話は200分が目安です。少なめのデータ量から始めるといいかもしれません。

 

4.SIMカードの会社が信頼できるか
今まではキャリアとの長期にわたる契約をしてきた人が多いと思いますが、これからはSIMカードを購入した業者との契約になります。キャリアでSIMを購入するのならいいのですが、そうでない場合は、運営会社は信頼できるところを選びたいです。

 

契約にない料金を請求してきたり、契約内容を急に変えるなど、業者の中には信頼性に欠けるところも少なからずあります。
ネット上の評判などを参考に業者選びをするのもいいでしょう。

MVNOとは?

 

『SIMフリー端末・格安スマホなび』SIMフリー・SIMロックの違いは?

 

MVNO(エムブイエヌオー)って、聞きなれない言葉ですね。
Mobile Virtual Network Operatorの略で、「仮想移動体通信事業者」といって、携帯電話などの無線通信インフラを自社では持たずに、他社のインフラを借りて音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者のことです。

 

2001年秋に日本で初めてMVNOが登場しましたが、今ではたくさんの事業者がMVNOとしてサービスを提供しています。

 

MVNOを利用するメリットとしては、料金が安いこと。そして色々なサービスを選べること、また、電話番号を変えることなく業者の乗り換えも可能になります。
通信費が安く抑えられる業者に乗り換えることができるのです。

日本のスマホ通信料が高い理由

スマホの普及率は全体の60%以上で、一般的なスマホの月々の通信料は、平均して6,500円ほどです。契約内容によっては、1ヶ月の通信費が1万円以上になっている方も多いはずです。

 

これにひかり回線などの固定回線の通信費を合わせると、4人家族では1ヶ月の通信費が4万円以上になる家庭もでてきます。不景気旋風が吹き荒れる日本においてなぜ通信費だけは上昇し続けるのでしょう。

 

近年のスマホは持ち歩くパソコンと言われるほど性能も高く、利便性においてもWindowsXPやVistaより高性能な端末もあるのではないでしょうか。ですから端末の価格自体が7〜8万円、最新型のiphoneなどは10万円近くするものもあります。

 

しかしNTTドコモやau、ソフトバンクなどキャリアでは、端末費用実質ゼロ円とするキャンペーンで顧客を取り込んでいます。当然その端末代金はキャリアの通信費に上乗せされているわけです。これがキャリアの通信費が高い理由となっています。

 

さらに端末費用ゼロ円を取り戻すために、2年間の縛りを設定しています。2年間の間に契約を解除すると解約金が発生し、しかも端末代金の残金は一括支払いをしなければなりません。

 

また、大容量の高速データ通信を可能にする技術開発や設備投資で莫大な費用が発生していますから、キャリアはその費用の回収もしなければならず、それがユーザーへの通信費に上乗せになっているのです。

更新履歴