SIMの基礎知識

 

SIMフリーとSIMロックの解説

 

最近よく聞くようになった「SIMフリー」。いったい何のこと?と思っている方も多いのではないでしょうか。ケータイやスマホに関係があるらしいけど、よくわからないという方もいます。

 

SIMカードは、Subscriber Identity Modle Cardの略。
SIMカードは、ケータイやスマホの通信機能を使えるようにするために必要なICカードのことです。

 

私たちが普段使っているスマホ端末の中には、各キャリアごとのSIMカードが入っています。このカードに固有のIDが割り振られていて電話番号や契約情報が記録されています。

 

このカードをスマホやケータイ、タブレットなどのモバイル端末のSIMカードスロットにさし込んで、音声通話やデータ通信などができます。

SIMフリーとSIMロック

私たちが使っているスマホにはSIMカードが入っていて、通信に必要なさまざまな情報が記録されています。このカードは大手の通信会社であるNTTドコモ、au、ソフトバンクごとに異なっています。

 

通常はSIMロックといって契約情報を引き継いでの機種変更は同じキャリア間でしかできませんね。例えばdocomo→docomo、au→au、Softbank→Sofutbankuというふうです。

 

これは、契約後すぐに解約して端末を転売する違法業者などを取り締まるためにSIMロックをしているからです。
また、顧客との契約を継続し続けさせる狙いもあるからです。

 

海外ではすでにSIMフリーが当たり前になっているところが多く、その点では日本は後進国といえます。そのためスマホなどの通信料が高く、今では小学生でもスマホを持つようになっているため、家計を圧迫していてSIMフリーへの関心が高まってきています。

 

今回規制が緩和されてSIMロックが解除されました。これによってキャリアを問わずにSIMカードを移し変えて端末を利用できるようになったのです。これをSIMフリーといいます。

SIMロックとは??

「SIMロック」、聞きなれない言葉ですが、携帯電話に詳しい方などはもうご存知でしょう。SIMカードと呼ばれるICカードに携帯会社がロックをかけて、特定のキャリアでしか使えないようにすることを「SIMロック」といいます。

 

SIMカードに入っている、通信に必要なデータや契約者情報を他のキャリア端末に対応できないようにすることで、自社の利益をあげているのがこれまでの携帯会社の運営方法でした。

 

SIMカードを特定のキャリアでしか使えないようにして顧客を囲い込み、しかも2年契約という縛りで通信料を確実に収益にできるというのがキャリア側の大きなメリットとしていました。

 

一方ユーザー側は、端末をゼロ円や1円などという価格で購入できるメリットが受けられる仕組みになっていたのです。

 

このやり方は日本独特の制度のため、競争を阻害し、キャリアのメーカー支配を強めているという批判が出てきました。SIMロックの制度はユーザーにとっても世界の標準にもそぐわなくなってきていることが分かってきました。

 

そこで総務省は、携帯電話各社に対して、2015年5月以降に発売される機種への、SIMロック解除を義務化するとしました。

SIMロック解除

2015年5月1日、「SIMロック解除の義務化」が始まりました。SIMロックとはキャリアの端末においてSIMカードを差し替えても他の事業者の回線サービスを利用できないように、端末自体にロックをかけることです。

 

SIMロック解除の義務化がスタートしたことで、ユーザーが希望すれば原則解除できるようになったのです。

 

SIMロックを解除することで、ユーザーは端末はそのまま使い続けながらSIMカードを変えて他の携帯電話事業者の回線サービスを利用できます。
ユーザー側の選択肢が増えるため、事業者間の競争が促されてサービス向上し、料金も安くなることが期待されています。