SIMカードでスマホ月額を節約

 

SIMカードでスマホ月額を節約

 

大手携帯会社(キャリア)に払っている毎月の通信費は、たいての人は6,000円以上ではないでしょうか。請求明細を見てみると、大きな負担となっているのが、パケット定額料金です。

 

パケット定額料金はインターネットやメール、アプリのダウンロード、LINEなど、通話以外の通信のために必要ですから、ある程度金額が高くなるのは仕方がないとあきらめて受け入れています。でもなんとかならないものかと思ってしまいます。

 

最近、スマホの通信費用を安くできる「MVNO」の利用が注目されています。
ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアは、日本全国にアンテナを立てて電波を供給しています。一方MVNOは自分ではそういった設備を持たず、キャリアの回線を借りて販売している「仮想移動体通信事業者」なのです。Mobile Virtual Network Operatorの略が「MVNO」です。

 

通信に必要なデータが入ったSIMカードを販売し、端末代を上乗せしないため月額費用は安くなります。MVNOでセット販売しているスマホは、キャリアが販売しているハイスペックなスマホとはちょっと違いますが、最近はスペックの差はあまりありません。

白ロム、黒ロムとは

「白ロム」と「黒ロム」の違い。知っているようで知らないという人が多いのではないでしょうか。

 

スマホには内部の回路上にある特殊なメモリに直接情報を書き込むことで、通話や通信ができるようになっていました。この特殊なメモリ領域のことをEPROM、「ロム」と呼びます。

 

このロムに情報が記録されていない状態を「白ロム」、記録されているものを「黒ロム」と呼んでいます。

 

現在はSIMカードによって契約者情報を管理されているので、SIMが抜かれた状態を「白ロム」と呼んでいます。中古携帯ショップなどで「白ロム」として流通しているのはSIMの入っていない端末のことを指します。

 

他にも「赤ロム」というのがありますが、これは、キャリアとの契約をする際に端末を分割で購入し、支払いが残っているのに端末を売りに出し、キャリアへの支払いが滞って端末の使用ができなくなった、差し押さえ状態のことを「赤ロム」といいます。中古携帯の購入を検討している方はこの点を確認する必要があります。